Tennstedt & LPO - Mahler Symphony no.2 "Resurrection"2010年03月23日 21時45分

久しぶりにNMLの音源を聴きました・・・
NML LPO-0044
マーラー:交響曲第2番「復活」
(ケニー/ファン・ネス/ロンドン・フィル/テンシュテット)(1989)


テンシュテットといえば、昔、東芝EMIからワーグナーの管弦楽曲集(ニーベルングの指輪)のLPが発売されていて、それがディジタル録音初期の凄まじい音だったのが印象に残っている。オケはベルリン・フィルだったかな・・・

最近はテンシュテット と言えばライヴで燃える指揮者ということで、彼の残されたライヴ録音がこれでもかこれでもか・・・というくらいに出てくる。僕も興味があって数枚聴いたけど、あまり印象に残っていない。

LPOレーベルの音源。NMLで聴いてみたが、なかなかの名演だ。

ライヴのはずだが、客席ノイズが殆ど聴き取れないので、ゲネプロの音源も使っているのかな。実にクリアな音だ。最後は盛大な、足踏みも加わった凄い拍手だが・・・

コメント

_ よしお ― 2010年03月24日 19時01分

こんばんは。テンシュテット・ベルリンフィルのワーグナー。
私もよく聴いていました。CDになってからですが。
テンシュテットのマーラーはやや苦手です。
スタジオ録音のEMI特有の録音も苦手です。
余談ですが、マーラーならクーベリックかバルビローリ、
ホーレンシュタインが好みです。

_ りん ― 2010年03月25日 02時06分

今晩は。マーラーといえば、ベルティーニとケルン放響(EMI)なんか結構好きです。ベルティーニと都響で8番(私にとって最初で最後になってしまいましたが・・・)を聴いたのは数年前でしたっけ・・・

あとはやはり、オーマンディとレヴァインですかね。オーマンディ&フィラデルフィアの1番・2番・「大地の歌」・10番、そしてレヴァイン&フィラデルフィアの5番・9番・10番などは名演だと思いますよ。

オーマンディ&フィラデルフィア
Ormandy & Philadelphia, Mahler "Titan"
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/08/05/4480730

Ormandy conducts Mahler "Resurrection" in 1935
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/08/10/4504036

オーマンディ&クリーヴランドの「復活」ライヴ 1972年11月
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/10/02/4609487

...the void of the Universe, the mystery of eternity.
(オーマンディ&フィラデルフィアの「復活」です)
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/08/18/4522244
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/08/19/4523647

Ormandy & Philadelphia - Das Lied von der Erde
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/07/28/4460807

Ormandy conducts Mahler's Symphony no.10
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/09/18/4583944

James Levine conducts Philadelphia Orchestra
http://boukyaku.asablo.jp/blog/cat/jameslevine/

宜しかったらどうぞ・・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2010/03/23/4966540/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。