Stravinsky : Petrushka Suite2009年12月13日 13時46分

Columbia Masterworks - The Fabulous Philadelphia Sound Series M31632 Stravinsky Firebird & Petrushka
米CBS/Columbia Masterworks The Fabulous Philadelphia Sound Series M31632((C)(P)1972, StereoLP Gray Label

Igor Stravinsky
  Suite from "The Fire Bird"(1919 Version?, rec. 1967)
  Suite from "Petrushka"(Original 1911 Orchestration Version, rec. March 23,1964)
Eugene Ormandy & The Philadelphia Orchestra.

"Petrushka" Originally released as Columbia MS6746(LP)
"Petrushka" also available on CD as Sony Classical Essential Classics SBK 47664(amazon.com)

このLPは、既にMS6746として発売された「ペトルーシュカ」とRCA移籍前の駆け込み録音と思われる「火の鳥」を組み合わせて1972年に発売されたものでしょう。「火の鳥」はこのLPが初出のようです。

「ペトルーシュカ」はCD化(SBK 47664)されていますが、「火の鳥」は残念ながらCD化されておりません。「火の鳥」も素晴らしい演奏なので惜しいことです。

「ペトルーシュカ」のCDには「火の鳥」がカップリングされていますが、演奏はセル&クリーヴランド管弦楽団です。これはこれで良い演奏ですが、やはりファンとしてはオーマンディとフィラデルフィアの演奏を組み合わせて欲しいです・・・が、セルのファンも同じような事を考えていらっしゃるかもしれませんね。

 この「ペトルーシュカ」は組曲版とありますが、通常演奏される1947年版(3管編成)ではなく、1911年初版(4管編成)の抜粋版です。LPの解説は下記の通り。

  In 1946, the composer rescored Petrushka for a smaller Orchestra, with radically altered instrumentation.  The suite performed here by Eugene Ormandy and the Philadelphia Orchestra is made up of excerpts from original 1911 orchestration.  It includes the complete first and second scenes, the Dance of the Ballerina, the Waltz and the Quarrel of the third scene.The last scene is represented by its opening music, the dances and The Maskers episode.
  - from Columbia M31362 LP Notes.

録音当時は、初版の演奏というのが「売り」になったのでしょうか?どちらの版が良いかは聴いて判断するしかありませんが・・・。

ちなみにこのLP、インナースリーヴが一見新聞みたい作りの新譜速報でなかなか面白いものです。
The Inner Sleeve - 1

The Inner Sleeve - 2
こういう遊ぶ心は嬉しいですな・・・

Columbia Masterworks M31632 Gray Label
レコードラベルはCBS時代のGray Labelです。CBS/SONYも同じデザインのラベルを使用していましたね。

こちらはCDです。
Sony Music - Sony Classical Essential Classics SBK 47664
"Petrushka" also available on CD as Sony Classical Essential Classics SBK 47664(amazon.com)

それにしても「火の鳥」をCD化して欲しいなあ・・・あれ、肝心のペトルーシュカの演奏について書き忘れてしまった・・・ま、私が一々駄弁を弄する必要はありませんな・・・では。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/12/13/4755363/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。