読書の秋・・・にはちと遅い・・・?2009年12月07日 05時56分

暇つぶしには読書ですな・・・
牧野剛著-予備校に会う(風媒社)
これは高校のクラス担任が勧めてくれた本である。読んでぶったまげてしまった。牧野剛さん、まだまだ現役なんですなあ・・・
牧野剛著-予備校に会う(風媒社)
モラトリアム 予備校にあう - 牧野剛風媒社 1986年
最近こんな本も出されたんですな・・・読んでみよう。

これも高校生の時、現国の若い先生(この人人気あったなあ・・・)が教えてくれた本だ。
山根一眞著-変体少女文字の研究 文字の向うに少女が見える(講談社)
今では「丸文字」として既に歴史の彼方に埋没しつつある「変体(変態にあらず)少女文字」だが、この時は一つの社会問題であったのだなあ・・・この文字が消滅したわけでは無いのだろうが、ワープロ・携帯端末の普及により問題視する意味は既に無いのだ・・・まあ、これも「歴史」のヒトコマ・・・であろうか?
山根一眞著-変体少女文字の研究 文字の向うに少女が見える(講談社)
山根一眞 - 変体少女文字の研究 (講談社、1986年)

沖縄が新たにブームになり始めた頃に出た本かな?今は山程出ているが、当時はあまりなかったような・・・
比嘉 康文(編)、岩垂 弘-沖縄入門(同時代社)
とうじはこれでもかなり柔らかい本だったと思うが、今見ると少々教条主義的なところもあるかもしれんが、歴史・文化・音楽・食べ物・基地問題等々、ありとあらゆる当時の現状を網羅した沖縄発の本である。
比嘉 康文、岩垂 弘-沖縄入門(同時代社)
 裏の帯の「アメリカンスクール」が何故か時代を感じさせるぜ・・・出版社のせいか?
沖縄入門 - 比嘉 康文 (編集), 岩垂 弘 (編集)
同時代社 1993年

Latina 2009年12月号
これは毎月購読している本。Latina 2009年12月号。ラテン・アメリカの音楽は政治とは無縁でく、エッセイやアーティストのインタビュー等にも当たり前のようにそのような事柄がぽんぽん出てきて、今一番 ALive!な音楽なのかもしれんなあ・・・

なんか聴きに行くか・・・んでは。

ある日の記録・・・2009年12月07日 06時53分

最近いつもデジカメを持ち歩いている。単三電池2本で動くありきたりの普及品(OLYMPUS fe-45, FUJIFILM FinePix A500,A510)であるが、ちょっとしたスナップ写真を撮るにはこれで十分である。

画素数ももう十分すぎるくらいあるので、無用な画素数競争はもう止めたらどうだろう。単純に画素数が多けりゃ良いというもんじゃ無いらしいし・・・

電池はニッケル水素充電タイプなので、充電して何回も使えるし、バッテリー切れで予備が無くなっても、コンビニでアルカリ単三電池を買って使うことも出来る。専用バッテリーは高いし融通が利かないから、単三電池タイプをいまだに使っている。

ま、それはさておき・・・以下はある日(昨日ですが)の記録ですわ・・・
夜明けは美しい・・・
朝日が美しい・・・

今回収穫の椎茸・・・
今日も椎茸が採れた

みかんはまだかな・・・
みかんもそろそろ食えるかな・・・もうちょい待とうか・・・

懐かしの駅よ・・・
昔はここも24時間人がいた駅なんだけど・・・今は無人駅さ・・・

トイレは三河材をふんだんに使用した豪華?仕様
トイレは三河材をふんだんに使った豪華版?なのだが、手洗いの水の出がちょっと今ひとつ・・・節水しているのかな?

待合室・・・30年前程は冬はここでストーブが焚かれていたような記憶があるが・・・
いまはがらんと寒々とした待合室だが、昔はここでストーブが焚かれて、列車を待つ人が暖をとっていたのだ。また、市独自の電話網(「有線」と呼んでいたな)があって、その電話にはスピーカーが着いており、時折お知らせや商店街のセール情報が流れていたような・・・

・・・今は市の防災無線がそれにとって変わっている。時報や市役所からのお知らせ、訃報が当たり前のように流れてくるので、慣れない人は驚くらしい。個人情報がギャーギャー言われている現在ではあるが、この辺りはまだまだほのぼのとしているのだ・・・

無人駅だからね・・・切符回収箱
無人駅だからね・・・まあ、切符は車掌さんが回収するけど・・・

無人の作業?場所
作業所だったのかな。信号の中継盤らしきものもあるが・・・

線路の向こうに何がある・・・
路線の向こうには・・・

ウォーキング9823M・・・線路を歩いて行くのか?
ウォーキングコースか?この線路は・・・

廃線を行く・・・ではないのだが・・・何となく哀愁が漂うのは何故・・・冬だからさ
なんとなく、廃線を行く・・・ような気分になるのは何故だろう・・・

今は、1両編成(多くても精々2両編成)の列車が1時間に一本くらいで発着するだけだが、昔は6~7両編成くらいの列車が走っていた。通過も多かったけどね。

たま~に、通過する列車の車掌さんに、何か(大きな輪っかに革製らしき小さなバッグがくっついていたもの)を渡すのを見たことがある。それは何かに引っかけてあり、車掌さんが列車の窓から手を伸ばして、駅通過の際にそれを受け取る・・・という・・・

記憶違いかもしれないが、面白いことをやっているなあ・・・という印象があった。あの離れ業は一体何だったんだろう・・・

タケシィ at A-KOZA, 2009年12月6日2009年12月07日 07時24分

A-KOZA入り口
タケシィのツアーをA-KOZA聴いてきました。最近島唄を聴くことが多いな~。

一昨日はこのあいだプチダイハチさんを聴いたゆいさんでもやってたんですが、聴きに行けなかったんですな。でも昨日は行けましたワ。

タケシィ パフォーマンス中
たまには unnplugged でしんみり聴くのもいいもんだ。拡声無しでもいいかも・・・

島唄もいいけど、リンゴ追分蘇州夜曲 なんてのも良かったなあ・・・三線とあうわ~

助っ人登場・・・アレ?・・・マイクが
後半は助っ人Yossyさんのギターも加わって・・・

CDとツアーのチラシ
オリジナルの新曲CD(3曲500円也)とツアーのチラシ。聴きながらこのブログ書いてまっせ。

A-KOZA入り口
A-KOZAは分かりにくくていつも迷ってしまう・・・ま、しゃ~ね~か

おぼろ月夜・・・ではありません。ホントは綺麗なお月様だったんですが・・・
綺麗なお月さまだったんですが、カメラマンのせいでおぼろ月?になってしまいました・・・

んでは。

John Denver, Rocky Mountain High Live in Japan, 1981年5月14日 at 東京NHKホール2009年12月07日 18時31分

Big John のコンサートを聴くことは叶わなかったが、こうして良好な状態のライヴ収録で彼のコンサートが聴けるのは嬉しい。

John Denver, Locky Mountain High Live in Japan, 1981

ちょっと聴くつもりだったのが、結局ボーナストラックも含めて全部聴いてしまった・・・John のライヴはまだまだあるようだから、これから観るのが楽しみだ・・・