手塚治虫 「マンガ音楽館」と「クラシック音楽館」2009年11月23日 12時40分


手塚治虫「マンガ音楽館」と「クラシック音楽館」

手塚治虫と音楽に関する本を2冊・・・

手塚治虫マンガ音楽館(手塚治虫)ちくま文庫2002年
手塚治虫クラシック音楽館(手塚治虫+小林準治)平凡社2008年

最初手元にあったのは、ちくま文庫の方。平凡社の本は存在は知っていたけど、ちくま文庫の焼き直しかな・・・なんて思って特に関心を持っていなかった・・・がある日本やで立ち読みしたら、ちくま文庫の本とは全くの別物であった。立ち読みして面白かったので結局買ってしまった次第。

どちらも、「雨のコンダクター」は収録されている。この作品は外せないということかな。(以前、雨のコンダクターその2 で取り上げたっけな・・・)

オーマンディ・ファンにはちとつらい本かも・・・では。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/11/23/4714586/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。