「タイースの瞑想」の美演を求めて・・・その32009年08月01日 06時30分

CBS/SONY 15AC1729
CBS/SONY オーマンディ名曲ベスト30 vol.29 15AC172
オーケストラ・ロマンティック・コンサート
ユージン=オーマンディ指揮 フィラデルフィア管弦楽団

【A面】
愛の夢(リスト、V.ヘルベルト編)、ただ憧れを知る者のみ(チャイコ)
月の光(ドビュッシー、カイエ編)、幻想序曲(チャイコ)
ロメオとジュリエットのテーマ(チャイコ)、セレナード(シューベルト)
【B面】
夜想曲(ボロディン、サージェント編)
カヴァレリア・ルスティカーナ間奏曲
タイースの瞑想曲、悲歌(マスネ、T.フロースト編)
野バラに寄す(マクダウェエル、T.フロースト編)

「オーマンディ 音の饗宴1300」vol.46 ロマンティック・コンサート とほぼ同タイトルで曲目も重なっているものが多いが一部異なるのでややこしい・・・

結論から言うと、現時点では、この「オーケストラ・ロマンティック・コンサート」盤が「タイースの瞑想曲」の最も音の良い盤である。独奏ヴァイオリンの Anshel Brusilow もちゃんとクレジットされているし。

「・・・オリジナル・アナログ・テープ→ディジタル・マスタリングした新カッティング・・・」が功を奏したのだろう。ノイズは一番少ないし、音もコレが一番鮮明だ。ローカットフィルタも入れてないようだし、B面3曲目のカットだから条件も非常に良い。

この「オーマンディ名曲ベスト30」シリーズは、「オーマンディ 音の饗宴1300」より目にすることは少ないが、それでもたまに見かけるので、この盤を見たら迷わず?捕獲することをお薦めする。価格もたぶん安い。100円~500円くらいで入手出来るだろう。

願わくば、このディジタル・マスターを変な加工をせずにそのままCD化して欲しいものだが・・・

この盤に収録されているリストの「愛の夢」はヴィクター=ヘルベルトのアレンジが如何にも「昔のハリウッド映画調」で、鳴り響くフィラデルフィア・サウンドとの相乗効果により「愛の夢」を通り越して「愛の激情」といった少々苦笑モノの仕上がりになっています。CDにもなっていて、以前取り上げたことがあります。

Glorious Sounds of Music
Columbia Masterworks Recordings
LISZT'S GREATEST HITS
http://www.ne.jp/asahi/tron/music/ColumbiaRecordings.htm

まあ、持っておいて損はないでしょう。

ちなみにこの盤、レコードラベルには大きな文字で "DREAM OF LOVE" とあり、その下に小さく "Orchestral Romantic Concert" とあります。企画段階のLPタイトルは「愛の夢」だったのかも・・・(続く)

オーマンディ名曲ベスト30 ラヴェル管弦楽曲集2009年07月31日 08時00分

CBS/SONY オーマンディ名曲ベスト30 vol.28 15AC1728
CBS/SONY オーマンディ名曲ベスト30 vol.28 15AC1728
ラヴェル管弦楽曲集
ボレロ、ラ・ヴァルス、ダフニスとクロエ第2組曲、
亡き女王のためのパヴァーヌ

7月も今日で終わり・・・でも梅雨はいつ終わるの・・・洗濯物、外に干せん・・・でも梅雨明けると暑いし蝉も煩いし・・・まあしょうがないな、夏だから・・・

CBS/SONY 「オーマンディ 音の饗宴1300」の次がこの「 オーマンディ名曲ベスト30」であり、LP時代最後の、オーマンディに焦点を当てたベストシリーズである。

ジャケットは統一デザインだが、中央にはめ込まれる写真は一枚一枚異なるのが「音の饗宴」とは違うところ。

キャップには、

「豊麗なフィラデルフィア・サウンドの黄金時代を築いたユージン・オーマンディの名演・名録音・ベスト30。オリジナル・アナログ・テープ→ディジタル・マスタリングした新カッティングにより一層鮮明なサウンドが聴かれる。」

とあり、おそらくCDが出始める前後のシリーズかと思われる。(C)(P)年代表示がないので正確な年はわからんが、たぶん1980年代後半に出たシリーズだろう。

ディジタル・リマスタリングが売りで、確かに「音の饗宴」よりも音が良くなっているようだ。値段も「音の饗宴」の1300円から1500円にアップしている。CD化されていない、またはCDの入手が困難な録音も含まれているので、このシリーズもまだまだ探す価値がある。

このLPもその口。超絶名演の「ダフニスとクロエ第2組曲」はCD化された( 米CBS/ODYSSEY MBK46274 (C)1990 ) が現在は入手困難。このLPの音はディジタル・マスタリングされているだけあってなかなかイケル。LP末期に出たので状態も良いものが多いく、安く入手出来るし・・・

全30枚をリストアップすると・・・

レコード番号、15AC1701~15AC1730

1.ベートーヴェン:交響曲第6番「田園」/トルコ行進曲
2.ベートーヴェン:交響曲第9番「合唱」
3.ベートーヴェン:交響曲第3番「英雄」他
4.ベートーヴェン:交響曲第5番「運命」&4番
5.ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」/ユーモレスク
6.チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」/アンダンテ・カンタービレ
7.ベルリオーズ:幻想交響曲/マイヤベーア:戴冠式行進曲
8.ショスタコーヴィッチ:交響曲第5番「革命」他
9.チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」ハイライト
10.チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」「眠りの森の美女」組曲
11.ムソルグスキー:展覧会の絵(ラヴェル編)他
12.R=コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」
13.ガーシュイン:パリのアメリカ人/ラプソディ・イン・ブルー
14.ストラヴィンスキー:「火の鳥」「ペトルーシュカ」
15.マーチの祭典:クラシカルマーチ名演集
16.チャイコフスキー:交響曲第5番/大序曲「1812年」
17.チャイコフスキー:交響曲第4番/スラヴ行進曲
18.サン=サーンス:交響曲第3番「オルガン」
19.シベリウス:交響曲第2番/交響詩「トゥネラの白鳥」
20.ヴィヴァルディ:「四季」/モーツァルト:小夜曲
21.J.S.バッハ:トッカータとフーガ他
22.ロシア管弦楽曲集
23.R.シュトラウス:ツァラツストラかく語りき
24.レスピーギ:ローマ三部作
25.グローフェ:グランドキャニオン
26.ワーグナー管弦楽曲集
27.ドビュッシー:「海」他
28.ラヴェル:管弦楽曲集
29.オーケストラ・ロマンティック・コンサート
30.オーケストラの休日(CDで取り上げました↓)
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/07/23/4450698

とまあこんなところですかな・・・では。

Ormandy & Philadelphia - Das Lied von der Erde2009年07月28日 08時10分

LPs : Das Lied von der Erde
米Columbia Masterworks MS-6946(Gray Lable, LP)
米Columbia Masterworks D3S774(2eyes, 3LPs)
Lili Chookasian(ms), Richard Lewis(t)
also available on CD SME Essential Classics SBK 53518

CDも持ってるんだけど、最近何故かこういう曲ほどLPで聴きたくなるのだ・・・演奏時間がレコードのカッティング幅と溝の荒さで何となく分かるのがいいのかな・・・告別の最後、 Ewig, Ewig, ・・・ の声を聴きながらターンテーブルが回るのを見ていると・・・なんか・・・こう・・・

MS-6946 未開封品。今回封印を解いたわけだが、こちらは告別の面で数回針飛びをしてしまう。20~30年間放っておかれたLPだからこういうこともある。

しょうがないので、中古の3枚組(マーラーの10番がカップリングされている)を引っ張り出したのだが、これも肝心の 告別 で針飛び・・・ど~なっとんじゃい。

三度目の正直、3枚組のもう一組を引っ張り出した。これはうまく再生できた・・・ホット一息である・・・なんか告別どころじゃなくなったな・・・蝉も煩いし・・・

深夜に部屋を暗くして、プレイヤーにスポットライトを当てて聴くと雰囲気が出る。こういう曲だから、酒を飲んで酔っぱらいながら聴くべきであろうか・・・

Charles Munch conducts The Philadelphia Orchestra, 1 of 32008年11月06日 07時19分

CBS/SONY 13AC957
写真:CBS/SONY 13AC957

昨日、近所のタワーでミュンシュ&フィラデルフィアのCDを購入しました。専用のコーナーか棚でもあるかと思ったのですが、既に作曲家別の棚に分類されていたので、ちょっと探すのに手間取りましたが・・・

フォーレ:ペレアスとメリザンド、ラヴェル:高雅にして感傷的なワルツ、ベルリオーズ:ファウストの劫罰より
Sony Classical SICC-959
http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=1863926&GOODS_SORT_CD=102

【曲目】
1. ラヴェル: 高雅にして感傷的なワルツ
2. フォーレ: 組曲「ペレアスとメリザンド」 作品80
3. ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」 作品24 (抜粋)
 〔鬼火のメヌエット、妖精の踊り、ラコッツィ行進曲〕
【演奏】
シャルル・ミュンシュ(指揮)、フィラデルフィア管弦楽団
【録音】
1963年3月14日 フィラデルフィア

Charles Munch(wikipedia)
http://en.wikipedia.org/wiki/Charles_M%C3%BCnch

エッセンシャル(SBK 48163)ではラヴェルのみ出ていましたが、これでLPアルバムの全ての音源が手軽に聞けるようになりました。ミュンシュがフィラデルフィアを振ったステレオ録音の異色盤?です。

SONY Classical Essential Classics SBK 48163
http://www.amazon.co.jp/Ravel-Bolero-Rapsodie-Espagnole/dp/B0000027UZ/ref=sr_1_17?ie=UTF8&s=music&qid=1225922772&sr=8-17

残念なのは、エッセンシャル盤に収録されている「高雅にして感傷的なワルツ」に8つのトラックが振られているの対して、今回の盤は1トラックという仕様です。まあ、無くても困るものではありませんが、ちょっと不親切かな・・・という気がしますが、まあこうしてオリジナルアルバム構成のCDが手軽に入手できるのですから、あまり文句?は言わないようにしましょうか。

ちなみに、LP国内盤はミュンシュの写真がジャケットを飾っています。日本のLPは演奏家の写真をそのままジャケットに持ってくることが多いような気がしますが、どうなんでしょ?