The Philadelphia Orchestra, Supersonic Spectacular/Eugene Ormandy - RCA Red Seal R243734 2 Record Set2013年03月23日 11時15分

 久々にRCA Red Seal のLpを・・・確かアメリカからオークションか何かで入手した記憶があるのだが、実は今回初めて針を落とすLp(未開封新品)である・・・

RCA Red Seal R243734 Single Jacket
The Philadelphia Orchestra
Supersonic Spectacular/Eugene Ormandy
Eugene Ormandy/The Philadelphia Orchestra

RCA Red Seal R243734 Sided Dog  2 Record set (C)1981
Produced for RCA Music Service by Eugene Brigati
Remastered by Al Fait
Art Direction : J. Stelmatch
Album Design : George Corsillo

 このLpセット、以前採り上げたTHE ENCHANTED WORLD OF THE JOHANN STRAUSS(RCA Red Seal R214475)と同じく、解説なし・シングルジャケットに2枚のLPを紙製スリーヴに入れた放り込んだだけのバジェット盤(お買い得盤)仕様、オート・チェンジャーの面割りである・・・といっても一応「起承転結」?らしき構成(「魔法使いの弟子」で始まり「火の鳥」で終わる)ではあるが名曲の羅列でもあるのでどういう順番で聴こうが聴く側の勝手ではあるのだが・・・

RECORD1 Side1
 デュカス「魔法使いの弟子」、ムソルグスキー「禿げ山の一夜」
RECORD1 Side4
 プロコフィエフ「三つのオレンジの恋」からマーチ
 ストラヴィンスキー「火の鳥」組曲
RECORD2 Side2
 R.シュトラウス「薔薇の騎士」組曲
RECORD2 Side3
 サン=サーンス「サムソンとデリラ」からバッカナール
 ハンデル「サムソン」より「高らかにラッパを響かせよ」
 ラヴェル「ワルツ」
RCA Red Seal R243734 Single Jacket - Program
RCA Red Seal R243734 曲目 ラヴェル「ワルツ」が抜けている・・・

未開封新品・・・なのだが、ゴミだらけ(アメリカ製のLpには珍しくないから困る)で、しかも経年劣化(30~40年前のLpだし)のせいか盤面の見た目は良くない。しかも ペナペナDynaflex仕様のようでソリも相当なもので再生中のカートリッジは上下左右(オフ・センターも・・・)に揺れるが、こんな状態でもちゃんとまともに音が出るのだからある意味大したモンである・・・

RCA Red Seal R243734 Label
RCA Red Seal R243734 Sided Dog Label

恐らく、Lpコレクターにはまず見向きもされない RCA Red Seal Sided Dog Label ではあるが、Ormandy/Philadelphiaの録音を語る上で避けて通れない時代のレーベルでもある。十数年前はこのレーベルでしか聴けない音源もあったのだから・・・

んでは。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2013/03/23/6756063/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。