Genius Within - The Inner Life of Glenn Gould 2011年10月31日(月) 名古屋シネマテークにて2011年11月05日 09時20分


グレン・グールド 天才ピアニストの愛と孤独 パンフ
今池スタービル2階の様子・・・
奥が名古屋シネマテーク、左側は中国食材のお店、右は(株)人間社の書店「書物の森」である。

水口憲哉「海と魚と原子力発電所-漁民の海・科学者の海-」1989年3月 農文協)&VHSビデオテープ(公開討論 中電VS中電包囲ネットワーク 1989年6月24日 於 中電健康保険組合体育館)
映画が始まる前に、右の本屋さんに立ち寄って、古本1冊(水口憲哉「海と魚と原子力発電所-漁民の海・科学者の海-」1989年3月 農文協)とVHSビデオテープ(公開討論 中電VS中電包囲ネットワーク 1989年6月24日 於/中電健康保険組合体育館)を購入・・・

どちらもチェルノブイリ原発事故 の後に出たものだ・・・この時脱原発の機運が高まったが、原子力村&マスコミの安全プロパガンダで脱原発の機運は潰され、その結果、東電福島第一原子力発電所の破局的な事故に到ったワケだが・・・

ま、それはさておき、今回はグールド映画なので・・・1955年録音の衝撃的デビュー盤。これはオリジナルのジャケットデザインではなく、後年の擬似ステレオ盤のデザイン。中古屋さんのエサ箱で300円で買ったのかな・・・

Bach Goldberg Variations - Gould CBS/SONY 20AC1522 LP Jacket
Bach Goldberg Variations - Gould CBS/SONY 20AC1522 LP Label
CBS/SONY 20AC1522 Gray Label

同録音のCD(オリジナル・モノラル)も持っているのだが、未開封のまま・・・それはさておき、今聴くと「バッハのゴルトベルク変奏曲って良い曲じゃん」くらいの感じだが、当時は衝撃的だったのだろう・・・お次は晩年のアルバム。

Bach Goldberg Variations - Gould CBS/SONY 28AC1608 LP Jacket
Bach Goldberg Variations - Glenn Gould
CBS/SONY 28AC1608 LP

人生にくたびれたオッサンという感じの写真。グールドじゃなければ不採用の写真だろう・・・これも中古屋さんで入手したLP。

グールドと言えば、彼の演奏を数多くプロデュースした米ColumbiaプロデューサーのAndrew Kazdin を思い浮かべるが、彼はこの映画には一切登場しない・・・きっと「大人の事情」があるのだろう。興味のある方は、Glenn Gould at Work - Creative Lying by Andrew Kazdin を読まれるとよろしいかと・・・ちなみに、グールドとフィラデルフィア管首席奏者による Hindemith : The Complete Sonatas for Brass and Piano.  もよろしかったらどうぞ。

そういえば、昨年11月にセントラル愛知第109回定期バッハ野平一郎編曲)のゴールドベルグ変奏曲を演奏したっけ・・・

それにしても、作曲&指揮者 Lukas FOSS の名をこの映画で聞くとは意外であった・・・ケージの作品集を振ったLP(米ノンサッチ盤)があったと記憶しているが手元に無い・・・

また、思わぬ女性も・・・

Petula Clark - Down Town Warner Bros. 1590 Jacket
Barbra Streisand Live Concert 1974 Columbia 31760 Jacket
Barbra Streisand

気になる方は名古屋シネマテークこの映画を観よう・・・今月11(金)まで上映中である・・・んでは。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2011/11/01/6181474/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。