祝!オーマンディ&フィラデルフィア管弦楽団によるベートーヴェン交響曲全集CD化2011年09月03日 08時30分

タワーならやってくれると思ってました・・・

タワー・レコード “Sony Classical” スペシャル・セレクション Vol.5

オーマンディ&フィラデルフィア ベートーヴェン交響曲全集
Sony Classical SICC-1510 (5CDs)
発売予定日:2011年11月09日

---------- 下記はタワーのサイトから・・・ ----------

※世界初CD化(第1番・第2番・第4番)、日本初CD化(第7番・第8番)
★20世紀のオーケストラ美学の粋を結晶させた入魂の全集、ついに執念の全曲CD化が実現。
ユージン・オーマンディとフィラデルフィア管弦楽団は、カラヤン&ベルリン・フィルと並び、20世紀オーケストラ美学を極めつくした存在でした。1961 年の第2番から1966年の第5番まで7年をかけて録音され、オーマンディのフィラデルフィア管在任30年を記念して、1968年にセット化されたこの 「ベートーヴェン:交響曲全集」もその特徴を最大限に刻印した演奏です。厚みのある強靭な弦楽合奏を土台にして、名技を誇る木管・金管奏者を配した、豊麗 極まりない響きを作り出しています。このコンビ唯一のベートーヴェン全集で、第1番・第2番・第4番は世界初CD化。日本で全集として発売されるのもLP 時代以来ほぼ40年ぶりのことです。
2011年08月29日(発売・販売元 提供資料)

------------------------------------------------

オーマンディ・ファンからリクエストが多かった(と思うけど)ベートーヴェン全集もついにCD化とは・・・・ジャケットデザインは米Columbia のボックス全集を採用するようだ。(オリジナルのジャケットデザインは下記)

Columbia D7S 745 Box
米Columbia Masterworks D7S745(stereo、2eyes Label 7 LPs)
Regular D7L345(mono)
Beethoven The Nine Symphonies
Eugene Ormandy/The Philadelphia Orchestra
Lucine Amara(s), Lili Chookasian(ms)
John Alexander(t),John Macrdy(b)
The Mormon Tebernacle Choir(dir: Richard P. Condie)

面白みの無い文字だけのデザイン。オーマンディ音楽監督就任30周年記念企画か、そのシーズンに発売されたLPに全てそのロゴが付いただけなのかはよく分からないが・・・

Ormandy 30th Anniversary Season Logo
Eugene Ormandy 30th Anniversary Season Logo

この盤については過去のブログ(その1その2)にも書いたので、宜しかったらご覧下あれ。

オーマンディ/フィラデルフィアのすべて (日本コロムビア 1967年3月) によると、このボックスセット以外で発売されたLPは下記の通り。

    米Columbia  日本Columbia
1番  MS-6901     OS-841
2番  MS-6901     OS-841
3番  MS-6266,6918  OS-842
4番  MS-6902     OS-843
5番  MS-6902     OS-801,843
6番  MS-6903     OS-801,844
7番  MS-6904     OS-845
8盤  MS-6836,6905  OS-846
9番  MS-6905/6    OS-846/7

そういえば、以前手元に1番と4番をカップルしたLP(日本Columbia OS-896-C)がありました。日本ColumbiaからCBS/SONYに移行した後も何らかの形で発売はされているでしょうが、交響曲全集という形では出ていない(※)と思われます。(今まで見た事ないし) LP時代、CBS/SONY 「オーマンディ 音の饗宴1300」全50巻 CBS/SONY 「オーマンディ名曲ベスト30」(ディジタル・リマスタリング)では3,4,5,6,9番が発売されていますが・・・

何はともあれ、久しぶりの朗報ですな・・・んでは。

<追記修正>
オーマンディ掲示板の横田さんより、CBS/SONYから全集として出ていたという情報を頂きました。ついでにググってみると、CBS/SONYより ダブルシリーズ(1968年秋より発売)という廉価盤企画で発売されたという情報があった。

matsumo's Home Page III
CBSソニーの廉価盤(2)[2枚組・3枚組]

番号は、SONW20075/80 でLP6枚組。それにしても、オーマンディ&フィラデルフィアのベートーヴェン交響曲のLPって、なかなか見かけないのですよ。あまり売れてなかったのかな?んでは。

篠島音楽祭2011年8月6日~8月7日 その22011年09月04日 06時35分

篠島音楽祭その2・・・その1 からひと月近くも間が空いてしまった・・・

琉球ダイニング 「結(yui)」さんに集う音楽好きの常連(SHOWWINDS さんとか)&非常連?が篠島観光協会さんの協力のもと、パーっと音楽で盛り上がる・・・今回5回目。(僕は一昨年からなので3回目)・・・では、続きを・・・

ステージ?設営中
暑い最中、ステージ?設営中・・・ホント、暑い・熱い・・・あぢー・・・焼かれる・・・

日除け&着替え等用多目的テント・・・
参加者&出演者のオアシス?待避テント

楽器・PA・譜面台等のチェック中・・・
セッティング中・・・

篠島音楽祭の垂れ幕?もセットO.K.
篠島音楽祭の垂れ幕?もセットO.K.

篠島サンサンビーチ 海水浴場監視所 海水浴客の安全を見守ってます
篠島サンサンビーチ 海水浴場監視所 海水浴客の安全を見守ってます・・・

くつろぐご家族・・・ん?なんか後ろでゴソゴソ設営してるわね~
くつろぐご家族・・・ん?なんか後ろでゴソゴソ設営してるわね~

おじちゃん、何してんの~
おじちゃん、何してんの~

七夕さんもセット完了・・・さ、篠島音楽祭の始まり始まり~
七夕さんもセット完了・・・さ、篠島音楽祭の始まり始まり~

その3へ(たぶん)続く

Living Stereo レコードプレーヤー交代・・・その12011年09月05日 06時30分

発端はカートリッジ交換であった・・・

さらば、Pioneer PL-7Y
在りし日?のPioneer PL-Y7

Pioneer PL-Y7 に取り付けた Audio Technica AT-10G
Pioneer PL-Y7 に装着されている Audio Technica AT10G
(赤い RD モデルもある。色が違うだけで全く同じ形状)

この Pioneer PL-Y7 は2005年11月に大須ハイファイ堂にて購入。プレーヤー付属のカートリッジもPioneer PC-5MC。針交換可能な高出力MCという変わり種。ベースマウント部のみ残して、接続端子・発電機構ごとごっそり換えるので、実質全交換と変わらないが・・・(2006年1月28日にホームページに書いてました

この付属カートリッジPC-5MCを外してAudio Technica AT10G を取り付けてずっと聴いていた。シェルが傾いているのか、カートリッジ正面から見て左側が上がっているので、リングワッシャーを噛ませてレコード面に対して平行に調整。AT10Gはシェル込みでも実勢価格は4~5千円と安いし、まあまあの音で特に不満も無かったが、アームとの相性が今ひとつなのか、ソリのあるレコードをかけると結構揺れてバウンドしそうになる。あと、もう少し野太い音が欲しいなあ・・・ということで SHUREM44GM44-7 を使いたくなった。

んでもって、とりあえずM44G(大須バナナレコードにて5千円弱) と M44-7(大須 ノムラ無線にて5~6千円程度)を購入。

どちらも古典的な設計で無骨な外見。M44G は推奨針圧 0.75~1.5g とわりかし軽め(AT10G は1.5g~2.5g)で出力電圧 6.2 mV RMS at 5 cm/sec peak velocity とそれなりに高出力。 M44-7 は推奨針圧 0.5~3.0g と重めで、 出力電圧 9.5 mV RMS at 5 cm/sec peak velocity とかなりの高出力。

カプセルに入った SHURE M44G
カプセルに入ったSHURE  M44G

カプセルはカートリッジホルダーにもなる
余談:カプセルはカートリッジホルダーにも使える

・・・ということで、AT10G をヘッドシェルから外してM44G を取り付ける。

AT-10Gを外す・・・
カートリッジ取り外し中

SHURE M44G と Audio Technica AT-10G
SHURE M44G を取り付けた状態
SHURE  M44G を取り付けた状態

しかし・・・M44Gは外形が箱形でお尻も背?が高い・・・結果・・・

SHURE M44G う~ん、腹擦りそうだな・・・
アームが前上がりで腹擦りそう・・・

これを解決するにはアームベース側の高さを上げるしか無いのだが、PL-Y7はアームの高さ調整が出来ない・・・いかりや状態・・・

・・・さあ、どうしよう・・・

その2に(たぶん)続く

篠島音楽祭2011年8月6日~8月7日 その32011年09月06日 04時10分

まだお日様は出てませんが、今朝の名古屋は涼しいです・・・

それにしても今回の台風被害の大きさには・・・被災地域の早期の救助と復旧を願わずにはいられません・・・地震と台風、明日は我が身と思わねば・・・防災の備えを怠らないように・・・自戒・・・

篠島も今回の台風で3日(土)は断続的な停電があったそうです・・・びっくりしました・・・

閑話休題

篠島音楽祭その3・・・その2からの続き・・・

琉球ダイニング 「結(yui)」さんに集う音楽好きの常連(SHOWWINDS さんとか)&非常連?が篠島観光協会さんの協力のもと、パーっと音楽で盛り上がる・・・今回5回目。(僕は一昨年からなので3回目)・・・では・・・

篠島サンサンビーチに揚がるゲイラカイト(だったかな?懐かしい)
篠島サンサンビーチで凧揚げ・・・これは昔懐かしのゲイラカイトか・・・あれ欲しかったのよねえ・・・

さあ、いってみよ~か~
さあ、行ってみよう!熱中症に負けずに熱中しよう!

ねーさん二人で演りまっせ~
粋なね~さんお二人で・・・

気分はハワイアン~?
ハワイアン娘が3人・・・

篠島の「し」は幸せの「し」・・・篠島慕情・・・
篠島の「し」は幸せの「し」・・・ ♪篠島慕情

日も陰ってきたけどまだまだ・・・
日も陰ってきたけどまだまだ行きまっせ~

篠島サンサンビーチ・・・ああ、海はいい・・・
篠島サンサンビーチ・・・ああ、海はいい・・・

ゲイラカイトも飛んでます~
篠島名産の鮹ならぬ凧も飛んでるし・・・

もう夜の部ですわ・・・
なんて行っている間に夜の部へ

その4へ(続くかも)

Living Stereo レコードプレーヤー交代・・・その22011年09月07日 04時00分

その1の続き・・・

さらば、Pioneer PL-7Y
さらば、Pioneer PL-Y7・・・

あてもなく、大須ハイファイ堂 オーディオビギナーズ店にふらりと・・・S字ユニバーサルアームを持つオート式レコードプレーヤーでも無いかな・・・と、SHURE M44G を付けて鳴らしているプレーヤーが視界に入った。DENON DP-37F(ネットに適当な写真見つからないので、似たような47Fをどうぞ)だ。背高のっぽのSHURE M44G がレコード面に対して平行にマウントされている。

DENON DP-37F with SHURE M44G
ようこそ、DENON DP-37F

ダストカバー付き。ストレートアームなのが残念だが、ま、台所に置くプレーヤーでそうカートリッジをとっかえひっかえするつもりも無いので、Pioneer PL-Y7と選手交代することにした。2005年11月の購入から6年か・・・お疲れさんでした。これはまたまたハイファイ堂さんに下取りしてもらう事になった。また次のオーナーのところで働いてもらおう・・・廃棄処分では気の毒である。

DENON DP-37F with SHURE M44G
DENON DP-37F with SHURE M44G

このDP-37Fについては DENON がサイトで取扱説明書を公開してくれているので助かる。早速ダウンロード。後で印刷して使おう。

DENON DP-37F ダストカバーを被せたところ
ダストカバーを下ろしたところ。

DENON DP-37F ダストカバーの上にLPジャケットを置いたところ・・・悪くないね
ダストカバーの上にLPジャケットを乗せる・・・悪くないな・・・

このDENON DP-37F、アームのゼロ・バランスはバランス・ウェイトで調整するが、針圧(とアンチ・スケーティング)はアーム根元のダイヤル調整で設定出来るのが面白い。アームにダンピング機能が付いているようで、そのダンプ量もツマミで調整出来る。とりあえずダンプ量ゼロで使っているが・・・

さ、しばらくはコレでLPに浸るのだ・・・

篠島音楽祭2011年8月6日~8月7日 その42011年09月08日 05時00分

篠島海亀は無事に孵化して海に帰ったようです・・・では、篠島音楽祭その4(その3の続き・・・)

・・・琉球ダイニング 「結(yui)」さんに集う音楽好きの常連(SHOWWINDS さんとか)&非常連?が篠島観光協会さんの協力のもと、パーっと音楽で盛り上がる・・・今回5回目。(僕は一昨年からなので3回目)・・・

篠島オールスターズの夜演です
地元篠島オールスターズ?の面々

スポットライトを浴びてご満悦?
フラッシュライト?を浴びて・・・

おっちゃん、何歌ってん・・・?
おっちゃん、何歌ってん・・・?

ね~さん、カッコイイ~
姉さん、粋だねえ・・・

監視所近くでなんかおもろい事やっとるぞ?
なんか監視所付近で歌っとる奴らがいるぞ・・・

段々熱くなってきた~
段々熱くなってきた~

もっとやれやれ
もっとやれやれ~

こんな時間にこんなに盛り上がっていいのだろうか・・・
こんな時間にこんなに盛り上がっていいのだろうか・・・

No Problem!
No Problem!

まだまだ行くよ~
まだまだ行きまっせ~

宴もたけなわではございますが、ここで今日はお開き・・・
ま、この辺でお開きですワ・・・

篠島の翌アサー
篠島アサー!

その5に続く(たぶん)

Living Stereo レコードプレーヤー交代・・・その3(おまけ)2011年09月09日 06時00分

その2の続き・・・というよりおまけ・・・蛇足・・・か?

大須ハイファイ堂 オーディオビギナーズ店で購入したDENON DP-37F にはSHURE M44G が付いているので、単独購入したSHUREM44GM44-7 はリスニングのTechnics SL-QX300P で使う事にするのだ・・・

SHURE M44-7 & M44G
SHURE  M44GM44-7 双方ぶっといカンチレバーが特徴?

SHURE M44G(VICTOR の型番不詳のシェルに取り付け)
VICTORの型番不詳シェルに取り付けた SHURE  M44G

M44GM44-7、どちらも古典的な設計で無骨。M44G は推奨針圧 0.75~1.5g とわりかし軽め(AT10G は1.5g~2.5g)で出力電圧 6.2 mV RMS at 5 cm/sec peak velocity とそれなりに高出力。

SHURE M44-7(Audio Technica AT-10Gの付属シェルに取り付け)
Audio Technica AT10G RD 付属のシェルに付けたSHURE M44-7

M44-7 は推奨針圧 0.5~3.0g と重めで、 出力電圧 9.5 mV RMS at 5 cm/sec peak velocity とかなりの高出力。

どちらもアーム付属のウェイトではゼロバランスが取れず、あんまり使いたくなかったがサブウェイトをアームのお尻に付加してゼロバランスを取った・・・針圧計があればサブウェイトは要らないかな・・・針圧計購入を考えようかな・・・

カプセルはカートリッジホルダーにもなる
カートリッジのケースはホルダーとして再利用・・・

レコードの状態とその日の気分でカートリッジを交換して音色の変化を楽しむ・・・過程を楽しむ事を趣味という・・・オーディオというのは正にそれである。

んでは。(了)

篠島音楽祭2011年8月6日~8月7日 その52011年09月10日 12時07分

篠島音楽祭その5(その4からの続き)・・・篠島の朝は美しい・・・

2011年8月7日 朝日 篠島サンサンビーチにて
2011年8月7日 朝日 篠島サンサンビーチにて

朝の渥美火力発電所
朝の渥美火力発電所・・・

篠島の漁船が行く・・・
朝の漁に行く篠島の漁船

お昼のステージに向けて朝もはよから練習中・・・
お昼のステージに向けて朝もはよから練習中・・・

篠島サンサンビーチの砂浜・・・
篠島サンサンビーチの砂浜・・・

篠島サンサンビーチの朝日・・・美しい・・・
篠島サンサンビーチの朝日・・・美しい・・・

篠島サンサンビーチ 波打ち際・・・泣ける
篠島サンサンビーチの波打ち際・・・何故か泣ける・・・

篠島サンサンビーチ 監視所(又の名を篠島音楽祭ステージ)
今日もここで演るのだ・・・

打ち上げられたクラゲ・・・そういや、泳いでいる時も数匹当たったなあ・・・
打ち上げられたクラゲ・・・そういや、泳いでいる時も数匹当たったなあ・・・

道ばたの(たぶん)ハマユウ・・・夏だなあ・・・
道ばたの(たぶん)ハマユウ・・・夏だなあ・・・

篠島の電力受電点付近・・・海底ケーブル引き込みルートが見える・・・
篠島の電力受電点付近・・・島の電力を支える33kV高圧海底ケーブル2回線の引き込みルートが見える・・・昨年書いたことの再録・・・愛知県の資料によると、

「1947年に南知多町片名から5kVの海底送電ケーブルで日間賀島を経由し、篠島佐久島に送電が開始された。以降、生活水準の向上、観光客の 増大などによる電力需要の増加に応えるため、海底送電ケーブルの増設(1978年 33kV高圧海底ケーブル敷設)がなされ、現在では、日間賀島へは本土から33kVで供給され、日間賀島内及び篠島佐久島へは、6kVに下げて日間賀島から送電されている。一般受電化率は三島ともに100%となっている。」とある。

これらの海底ケーブルも敷設後30年を経過することになるから、昨年からケーブルの張り替えを行っているそうだ・・・

篠島北側の護岸整備工事現場・・・
篠島北側の護岸整備工事現場・・・

堤防で魚釣り・・・
篠島北側の護岸整備工事現場・・・

LNGタンカーも見える・・・
LNGタンカーも見える・・・

さて、朝の散歩も終わり・・・

今日(8月7日)のステージの設営・・・暑さに負けず、熱中症に気をつけて熱中するのだ・・・
今日(8月7日)のステージの設営・・・暑さに負けず、熱中症に気をつけて熱中するのだ・・・

その6へ(たぶん)続く・・・

名フィル第383回定期演奏会「死への抗い」~「愛と死」シリーズ~ 愛知県芸術劇場コンサートホール 2011年9月10日(土)2011年09月14日 04時55分

先週土曜日に聴いた名フィル定期・・・

名フィル第383回定期演奏会「死への抗い」
愛知県芸術文化センター 芸術劇場 コンサートホール
2011年9月10日(土)

指揮川瀬賢太郎
コントラルトMaria FORSSTRÖM(マリア・フォシュストローム )
伊藤康英ぐるりよざ
マーラー亡き子をしのぶ歌
ニールセン交響曲第4番「不滅」

最初の「ぐるりよざ」・・・スイマセン、最初から半分くらいは夢の国にいました…昼にビール飲んだせいか?どうも最近、コンサート前半の最初の曲は寝てしまうクセ(?)がついてしまい困っている・・・がどうしようも無い・・・せめて、鼾などをかいてお隣さんに迷惑をかけていないことを祈るのみ・・・夢現で聴いてたけど、わりかし取っ付きやすい感じで悪くない。盛り上がるところは結構イケる。

お次のマーラー亡き子をしのぶ歌」・・・これは素晴らしい。コントラルトの清々しい声に聴き惚れてしまった。アンコール「私はこの世に忘れ去られ」も良かった。マーラーの歌曲ってこんなにいい曲だったのね・・・

トリのニールセン不滅」、実演では初めて聴く曲。オケの交通整理が大変な曲であることがよく解った・・・最初はヒヤリ、だがまあ健闘した・・・かな?頭をスコアに突っ込んだような?指揮ぶりにも見えたが、安全運転モード?で最後まで行ったというところ。もっともっと荒っぽくオケを引きずり回す演奏を期待したいな・・・若いんだからね。終楽章のティンパニの掛け合い、ステレオで聴いても効果は解るけど、実演で聴くとこれは迫力があって面白い。観て聴けて良かった。

<追記>
そういえば、前回の定期、聴いたのに書いてない・・・

名フィル第382回定期演奏会「愛の諦観」
愛知県芸術文化センター 芸術劇場 コンサートホール
2011年7月8日(金)

指揮ティエリー・フィッシャー (Thierry FISCHER)
ハープ吉野直子
ヒナステラ
 バレエ『エスタンシア』より4つの舞曲 作品8a
 ハープ協奏曲 作品25*
R.シュトラウス楽劇『ばらの騎士』 作品59 演奏会用組曲
ラヴェルラ・ヴァルス

感想は・・・2ヶ月前の事だし、ツイッターに書いた・・・はずだけどもう消えてるな・・・ま、仕方が無い・・・んでは。

小室真理 サントゥール モーニング・コンサート 2011年9月10日(土)2011年09月15日 06時45分

サントゥール はCD・LPでは聴いたことはあるが、実演奏を聴くのはコレが初めて。場所は愛知県芸術文化センターの中リハーサル室。

小室真理 サントゥール モーニングコンサート 2011年9月10日 のチラシR
小室真理 サントゥール モーニングコンサート
 2011年9月10日 のチラシ

タブラタンプーラ も含めた3人の演奏。小室真理さんの師匠は Shivkumar Sharma とのこと。Shivkumar Sharma といえば、Hundred Strings of Santoor という名盤がある。

音がそう大きくないから、PA(SR)を使って音を増強するのは普通なのだろう・・・

インド古典音楽・・・なんかハマりそう・・・んでは。