名フィル第370回定期演奏会「マドリード」 愛知県芸術劇場コンサートホール 2010年6月19日2010年06月27日 09時36分

先週土曜日の名フィル定期でした・・・

名フィル第370回定期演奏会「マドリード」 愛知県芸術劇場コンサートホール 2010年6月19日
 [指揮]川瀬賢太郎、[ギター]福田進一*
 [メゾ・ソプラノ]藤井美雪**

マーラーの「花の章」といえば、オーマンディ・フィラデルフィア管弦楽団のLPで初めて聴いたのだった・・・マドリードとの関係は知らないが・・・

『マドリードの夜の帰営ラッパ』の4つのオリジナル版・・・ふつーの行進曲だ・・・解説を読むと結構手の込んだことをやっている・・・らしいが、何十時間かけて作った料理でも食べるのは一瞬・・・の類か?聴く方は気楽だが作る方と演奏側は大変だワ・・・

アランフェス協奏曲・・・ギターはピックアップを付けてアンプリファイしていたようで、3階席でも音が埋もれることもなく且つ自然に響いていた・・・コンサートホールではアコースティックに拘らずこういう補助装置で増幅するのが良い結果が得られるという好例かな。

アンコールは「アルハンブラの思い出」で、これはアン・プラグドでの演奏。この曲、曲名と実際の音楽が今まで頭の中で結ばれていなかったのだが、今回の演奏でリンクが確立した・・・が、永六輔の誰かとどこかで・・・経由で・・・なんだい、営業車のAMラジオでつぼイノリオの聴けば聴くほど でいつも聴いていた曲であった。アルハンブラ宮殿は何処へやら・・・

バレエ『三角帽子』 ・・・好きなのよねえ。一度劇でやってくんないかな?スペインの舞踊団あたりとか。凄く面白い曲なんだから。

今回の演奏会はなかなか良かった。指揮者は(ホントに)指揮台で飛び跳ねていたりとエネルギッシュな指揮でオケの出来もまあまあというところ。三角帽子の大団円は一本調子のリズムが残念で、もっと緩急を付けて欲しかったが、それは今後に期待しよう。

んでは。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパムコメント対策です。
nospam
と入力して下さい。お手数ですが宜しくお願いします。

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://boukyaku.asablo.jp/blog/2010/06/27/5187122/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。