レガシーOS&アプリを無料の仮想マシンで動かす その32(Virtual PC編その12)2009年02月22日 07時36分

Windows3.1 SVGA(1024×768)サイズ
(7)Windows3.1 のインストール

Virtual PC 2004 のDOS拡張機能を入れた Virtual PC 2007 の MS-DOS6.2/V仮想マシン(ややこしい説明やなあ・・・)に Windows 3.1 をインストールしました。

WFW3.11はうまくいきませんでしたが、こちらはまあまあスムーズに進みました。VMWare Player では Windows3.1もあまりうまく行かなかったのですが・・・

マシンで動かす その16(VMWare Player編その15)
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/01/04/4041561

Virtual PC 2007 上の Windows3.1 ですが、インストール直後はサウンドは設定されていませんでしたが、Windows の プログラムマネージャー → コントロールパネル → ドライバ から "Creative Labs Sound Blaster 1.5" を組み込んだら音が出ました。

S3 Graphics の SVGAドライバの組込みもうまくいきました。(入手先は下記) プログラムマネージャー → Windowsセットアップ より、 "S3 Trio64V 1.70.04 1024×768 64K C SF" を組み込んで再起動するとちゃんとその画素数の画面が出てきました。広いねえ。

Drivers Download - Legacy Software Archive
Trio64V+ (765) Drivers
http://www.s3graphics.com/en/resources/drivers/legacy/software_archive.jsp#id_765drv
の Windows 3.1 and 3.11 Drivers (w3117004.zip)

ま、Windows3.1 はこんなところですかね。参考にしたサイトをちょいと・・・

N-Log: a Log of Notes:Windows 3.1 on Virtual PC 2007
http://www.wellformed.org/2005/notes/2007/11/20/010320

ホント、先達はあらまほしきことなり・・・昔の人はいいこと言いますな・・・(続く)

レガシーOS&アプリを無料の仮想マシンで動かす その33(Virtual PC編その13)2009年02月22日 18時23分

Windows95(SVGA1024x768) on Virtual PC 2007
(8)Windows95 のインストール

Windows95は、Virtual PC 2004 のDOS用バーチャルマシン追加機能を入れた Virtual PC 2007 の MS-DOS6.2/V仮想マシン(またまたややこしい説明やなあ・・・)に インストールしました。

インストール方法については VMWare Player でやったのとそう変わりません。Windows95をインストールした後にWindows95Plusをインストールまでは殆ど同じです。(下記参照)

レガシーOS&アプリを無料の仮想マシンで動かす その17~18
(VMWare Player編その16~17)
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/01/04/4041616
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/01/04/4041706

ただ、DOSに CPU Idle ソフトが導入されていると、インストール前のスキャンディスク の動きがもたつきます。ま、多少時間がかかる程度なのでほっといてもいいのですが、気になるようでしたら CPU Idle ソフトを外してから(Autoexec.bat で組み込んでいる場合はその行をrem 等でコメントアウトするといいでしょう)セットアップすると良いかと。

Windows 98SE セットアップのスキャンディスク部分で時間がかかる
http://support.microsoft.com/kb/185659/ja

で、一通りインストールが終わった後で、Virtual PC のWindows拡張機能をゲストOS(Windows95)に導入するわけですが、Virtual PC 2007 は ゲストOSとして Windows95 を公式にサポートしておらず、Virtual PC 2007 のバーチャルマシン追加機能も 残念ながら Windows95 に対応していません。ウィンドウメニューからバーチャルマシン追加機能をインストールしてもエラーが出て途中でストップしてしまいます。

ということで、Windows95 にも対応している Virtual PC 2004 のWindows用バーチャルマシン追加機能を仮想マシンのゲストOSに入れる必要があります。

Virtual PC 2004 のバーチャルマシン追加機能のインストールファイルの引っ張り出し方は下記に詳述しました。

レガシーOS&アプリを無料の仮想マシンで動かす その30
(Virtual PC編その10)
http://boukyaku.asablo.jp/blog/2009/02/21/4133810

Virtual PC 2004 のWindows用バーチャルマシン追加機能が入った CD-ROMイメージ "VMAdditions.iso" を Windows95仮想マシンのウィンドウからマウント(ISOイメージのキャプチャ)すると、その追加機能が自動的にインストールされます。

バーチャルマシン追加機能インストールにより、仮想マシン用のCD-ROMドライバ・SVGA以上のフルカラー画面・ホストOSとのマウス移動が容易になる・・・等の機能が付加されます。(Autoexec.bat, Config.sys も書き換えられます)

ゲストOSがWindows95の場合、Virtual PC 2007 の方が VMWare Player よりも動きがきびきびしてます。VMWare Player では 音の途切れが耳につきますが、Virtual PC 2007 では殆ど感じられません。(これは私のマシン環境(エントリーモデルのノートPC)でのことで、他のマシンでは?ですが・・・)

あと、Virtual PC 2007 はCD-DA再生でちゃんと音が出ますが、VMWare Player は音が出ません。理由は良くわかりませんが、CD-DAを利用するエデュテイメントソフトを動かしたい私にとってこの差は大きいです。(続く)